2014年03月21日

[今週の星] ミントグリーンの2トーン5連ネックレス

[新品ヴィンテージ]ミントグリーンの2トーン5連ネックレス

ミントの濃淡が光をとらえる波紋のような5連ネックレス。
軽いので長く着けていても負担になりません。
(1960〜'70年代)
SOLD

72816759.jpg.400px.jpg

パールコーティングを施した筒型ビーズとゴールドトーンのシードビーズを交互につないだ華やかな5連ネックレスです。ビーズが多面に成形されており、また、センターでは5連が互い違いに並ぶようにデザインされているので、動きにつれて複雑に、またいっそうエレガントに輝きます。

この5連ネックレスはロンドンのジュエリーショップの倉庫で近年見つかったNOS(新品のヴィンテージ品)で、プラスティックがコスチュームジュエリーの主要素材として注目を浴びていた1960年代〜'70年の製造。5連なのに重量わずか35g程度と軽く、長く着用していても負担になりません。


年代:1960〜'70年代
製造国:英領香港(英国で入手)
素材〈色〉:プラスティックビーズにパールコーティング〈グリーンの濃淡〉、シードビーズ〈ゴールドトーン〉
デザイン:5連ネックレス、シードビーズのスペーサー入り、パールビーズ付きエクステンション
サイズ:[全長]約33cm(最短)、約46cm(最長) [エクステンション]約6cm 
クラスプ(留め金):フック式(エクステンションのビーズとビーズの間のチェーンに引っ掛けて使用)
Back Stamp:HONGKONG(クラスプに刻印)
コンディション:★★★★★(VGC:Very Good Condition) / NOS (New Old Stock)
梱包:化粧箱

[新品ヴィンテージ]ミントグリーンの2トーン5連ネックレス
SOLD


<多連ネックレス>

[1960年代新品ヴィンテージ]ミルクホワイトのペブルビーズ3連ネックレス
[1950年代ヴィンテージ]翡翠(ひすい)と瑪瑙(めのう)のアートビーズ4連ネックレス

[ブログ2014年3月21日][最新更新2015年5月3日]



posted by SOSN店長1/2 at 22:00| ロンドン ☀| Comment(0) | 今週の星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

<SOSNのアウトレット>お値打ち品のワケ

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)から新着のお知らせ! 3月のジュエリー特集<ダイヤモンド!ダイヤモンド!!ラインストーン特集>にブローチやリング、ブレスレットなどを追加しました。[SOSN news 0010]

今回はちょっとワケありのお値打ちジュエリー<SOSNのアウトレット>のご案内です。

ラインストーンは手入れがよければ100年を超えて光り続けますが、愛用されたジュエリーほどダメージとは無縁でいられないのも事実。よく見られるのがストーンの退色で、もともとあった輝きが失われてしまった状態をさします。

ヴィンテージジュエリーのコレクターなら、多少の退色があってもオリジナルストーンを選ぶことが多いですが、そのジュエリーを日常的に使いたいなら元通りに輝いていたほうがいいかもしれません。元の輝きを取り戻したい場合は、同じ色、同じサイズの新しいストーンに取り替えるのが一般的です。

写真右側の二つのブローチをご覧ください。束ねたリボンの動きを表現した右下段のブローチと、右中段の青い目のプードルのブローチは、どちらも1950年代〜60年代のアールデコリバイバル時代の製作で、全体にラインストーンがちりばめられたデザインである点が共通しています。

違いは、リボンのブローチが全石オリジナルで多少の退色が見られるのに対し、プードルのブローチは全体の半分ぐらいが新しいストーンに取り替えられている点です。オリジナルストーンであることを重視するか、いまの輝きを優先するかで選び方が変わってくるでしょうが、いずれにせよ上記の理由でお安くしました。両方とも石がたくさん付いているので重量もそれなりにあり、ジャケットやコート、帽子など張りのあるアウトフィットに向いています。

お求めになられたジュエリーを使った感想やお写真などありましたらSOSNにお寄せください。ブログなどでご紹介させていただきます(SOSNのブログおよびTwitterへのリンクはこのニュースの一番下にあります)。

写真のジュエリーをご紹介します。いずれも1点のみ。興味あるかたはお早めにマーケットにお越し下さい。価格のあとに#マークの付いたものはワケアリ価格品です。

*<アールデコリバイバル>青い目のプードルのブローチ('50s)3,000円SOLD
*<アールデコリバイバル>束ねたリボンのブローチ('50s)2,800円SOLD

Bi8M41oCUAAvuZI2.jpg.400px.jpg

写真上段奥から
*大粒ライラックストーン付きゴールドフラワーイヤリング('50s〜'60s)1,800円SOLD
*オレンジストーンのフラワーリング(フリーサイズ)('80s)2,400円 SOLD

写真中段左から
*ゴールドトーンのフィリグリーモチーフ・ブローチ(ブラックルサイト付)(70s〜80s)3,800円
*カラーストーン付きゴシック調フィリグリーペンダント(チェーン付き)(50s)3,000円SOLD
*<アールデコリバイバル>ラインストーンをちりばめた木の葉のブローチ(50s〜60s)4,800円 SOLD
*アクアマリンのラインストーンブレスレット(60s〜70s)2,300円 SOLD

写真下段左から
*馬と馬蹄付き鍵型ブローチ(60s〜70s)2,000円#
*<アールデコリバイバル>ゴールドトーンのバーブローチ(クリア&レッドラインストーン)(60s)3,000円#
*<アールデコリバイバル>ゴールドトーンのバーブローチ(ラインストーンのダイヤ型セット)(50s〜60s)2,400円
*ゴールドトーンのリースブローチ(カラーラインストーン)(70s〜80s)3,200円 SOLD
*ラインストーン付きフラワーブローチ(60s〜70s)2,500円


*お値打ち価格のワケありネックレスもあります。店頭でご覧ください。
*今回お知らせする予定だった額縁付きアールデコフォトの紹介は次回に持ち越しました。


SOSNのオンラインショップはこちら。 
SOSNのTwitterはこちら

[ブログ投稿2014年3月18日][最新更新2015年5月3日]


posted by SOSN店長1/2 at 03:32| ロンドン ☔| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

薔薇色のガラス器

初夏の日差し。20度近かったかも。天気がいいので映画はあきらめてカーブーツセールに行って来た。ここんちは高くて冷やかしただけ。

Bi3U0RHCIAAE7c9.jpg.400px.jpg

ここんちからはピンクのボウル6枚組とデカンタ&グラスセットをお持ち帰りした。写真撮っていいか聞いたら「バーゲンハント?」と聞くので「個人的に〜」と答えて売買成立。帰宅準備始めてたのでおまけしてくれた。

Bi3XH4QCEAAGef1.jpg.400px.jpg

お持ち帰りしたピンクのボウル(デザートディッシュ)とオレンジorローズのデカンタ&ショットグラス。別のストールで見つけたローズのパンチボウル。1920〜1940年頃のプレスドグラス。ヴィクトリアンのアンティークかも。デカンタセットはフランス製。

Bi3avKCCIAEQERb.jpg.400px.jpg

ピンクのデザートディッシュ。

Bi3b16kCAAAtQTk.jpg.400px.jpg


posted by SOSN店長1/2 at 14:50| ロンドン ☔| Comment(0) | 古物づきあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

ラインストーンで紛争ダイヤ反対の意思表示もできる

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)から、<ダイヤモンド!ダイヤモンド!!ラインストーン特集>のお知らせ第2弾です。今回は「きれいだから好き」から一歩踏み込んで、ラインストーンジュエリーのことを少し考えてみました。[SOSN news 0009]

まずはダイヤモンドの代用品<ラインストーン>誕生にまつわるお話から。

ラインストーンができる前のダイヤモンドの代用品は水晶でした。ヨーロッパを流れるライン川で採取した水晶のことを特に「ラインストーン」と呼んでダイヤ代わりに使用していたそうです。それで、その後にできたガラス製の代用品も「ラインストーン」と呼ぶようになったってことですね。

18世紀後半に英国で始まった産業革命により、それまで貴族(上流)と庶民に二分されていた英国および欧州社会に中間の層が生まれました。工場経営者や流通業者を中心とする人々で、この人々がいまに続くミドルクラス(中流)の始まりです。

新たに生まれた中間層が手本にしたのが貴族の生活ぶり。ダイヤなど貴石の付いたジュエリーもその一つでしたが、なにしろ産出量が現在とは桁違いに少ないために入手が難しい。買えるお金はあってもダイヤそのものが不足していたんです。

そこで考案されたのがダイヤの代用品としてのラインストーンでした。技術開発の結果、ダイヤそっくりのストーンが生まれ、ダイヤにはできない斬新なデザインのジュエリーが無数に考案されました。そして今度は逆に貴族のほうがラインストーンのジュエリーを求めるようになったそうです。

さて、ダイヤモンドの代用品として誕生したラインストーンですが、(特にアップリンクファンには)見逃せないメリットが一つあります。

<コンフリクト(紛争)ダイヤ>という言葉をご存知ですか。<ブラッド・ダイヤモンド>も同じ意味で使われるタームですが、アフリカ大陸などの紛争地で掘り出されるダイヤの原石が紛争当事者の資金源になり、内戦を長引かせたり奴隷労働を産み出したりしている現実をさします。つまり、ラインストーンをダイヤの代わりとして意識的に選ぶことで、紛争ダイヤに反対する意思表示もできるんです。

* * *

写真はSOSNニュース0008でもご案内した「ガラスの花とティアドロップ付きラインストーン・カクテルネックレス('70s)」。きれいな写真をお見せしたくてこのニュースを書いていたんですが、ちょっと前に売れちゃったそうです。買ってくださったかた、ありがとうございました。欲しいなと思ったかた、ごめんなさい。

Bh8tUvoCUAAQ8zu.jpg

SOSNで販売しているもののほとんどは1点ずつしかありません。同じデザインのものが将来見つかることもあり得ますがコンディションは一つ一つ違います。残念ながらお取り置きはできかねますので出会ったときに決断していただかないといけませんが、こういったスリルとサスペンス(?)もヴィンテージ品ショッピングの醍醐味かもしれません。

お求めになられたジュエリーの感想やお写真などありましたらSOSNにお寄せください。ブログなどでご紹介させていただきます(Twitterへのリンクはこのニュースの一番下にあります)。

現在店頭でお求めいただけるネックレスの一部を下にご紹介します。

*アールデコ調のペンダント付きラインストーン・カクテルネックレス('80s)7,000円(写真)
*アールデコ後期('40s)のラインストーン・カクテルネックレス(ハーフダブルセット)7,800円
*'50sのラインストーン・カクテルネックレス(5カスケードセット)7,800円
*ラインストーンのリボン付カクテルネックレス('80s)3,000円
*ラインストーンのクリップ付黒革チョーカー('80s)2,800円


SOSNのオンラインショップはこちら。 
SOSNのTwitterはこちら

posted by SOSN店長1/2 at 14:50| ロンドン ☁| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

ダイヤモンド! ダイヤモンド!!ラインストーン特集が始まりました

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)から、3月のジュエリー特集<ダイヤモンド!ダイヤモンド!!ラインストーン特集>のお知らせ! 前回のSOSNニュースでプリビュー出しますと書いて以降急に忙しくなり、事前にお知らせできないまま始まってしまいました。というわで、もう全開でやってます。[SOSN news 0008]

<パール・パーフェクト>に続くジュエリー特集第二弾は
<ダイヤモンド!ダイヤモンド!!>と題し、
ラインストーンを使ったジュエリーにスポットをあてています。

ラインストーンとは表面をファセットカットしたガラス、水晶、アクリル樹脂などのビーズの総称。ファセットカットは通常はダイヤモンドなどの貴石に対して使われる加工法で、カットによって光の屈折率を高めてストーンの輝きを増すテクノロジーです。そんなわけで、このカットがなければダイヤモンドもただの石。同様に、このカットがあればただのガラスもダイヤの輝きを放つことができます。

ラインストーンは実に多くのコスチュームジュエリーで使われており、コスチュームジュエリーはラインストーンなしでは成り立たないほど。ともかく「どっさり」「たっぷり」使える点がダイヤにはけっしてまねのできないラインストーンの強みです。

今回はもっともラインストーンジュエリーらしい魅力にあふれるカクテルネックレスを中心にご紹介しています。カクテルネックレスと言うぐらいで、もともとは夜のパーティ(アールデコ時代に流行ったカクテルパーティ)のためにデザインされていますが、コーディネイトしだいでいろいろな使い方ができそう。謝恩会などのパーティ向けに、また贈り物にどうぞ。

お求めになられたジュエリーを使った感想やお写真などありましたらSOSNにお寄せください。ブログなどでご紹介させていただきます(SOSNのブログおよびTwitterへのリンクはこのニュースの一番下にあります)。

現在店頭でお求めいただけるネックレスの一部を下にご紹介します。店頭に並んですぐにいくつか売れてしまいました。興味のあるかたはお早めに。

*アールデコ調のペンダント付きラインストーン・カクテルネックレス('80s)7,000円(写真)
*アールデコ後期('40s)のラインストーン・カクテルネックレス(ハーフダブルセット)7,800円
*'50sのラインストーン・カクテルネックレス(5カスケードセット)7,800円
*ガラスの花とティアドロップ付きラインストーン・カクテルネックレス('70s)5,000円
*ラインストーンのリボン付カクテルネックレス('80s)3,000円
*ラインストーンのクリップ付黒革チョーカー('80s)2,800円

1932286_832753056740732_1491767082_n.jpg.400px.jpg

*ネックレスの他にリングやブローチもお求めいただけます。
*次回も写真付きでラインストーンジュエリーをご紹介します。
*パールジュエリーの一部も引き続きお求めいただけます。


SOSNのオンラインショップはこちら。 
SOSNのTwitterはこちら



posted by SOSN店長1/2 at 14:50| ロンドン ☁| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする