2015年04月30日

ほんもののアイリッシュリネンを求めて

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)から、現在店頭でご覧いただける商品をご案内。今日ご紹介するのは「アイリッシュリネンのテーブルマットとティーナプキン」と、SOSNのコンセプトにぴったりの古くて新しいNOS(New Old Stock 新しい状態で見つかったヴィンテージ品)です。[SOSN news 0004]

アイリッシュリネンは昔もいまもリネンの最高級品と讃えられていますが、いったいどこが他のリネンと違うのか。

リネンと言えばやや固めの手触りを連想しがちですが、アイリッシュリネンはしなやかな風合いが特徴。表面に独特の光沢があり、しっかりと腰があるのに同時にやわらかく、洗濯を繰り返しても持ち味が損なわれません。

生産には高い紡績技術が必要なことからアイリッシュリネン製品はほぼ高級品に限られていましたが、それがあだになり、オイルショック(1970年代〜1980年代)による経済危機に耐えられずに北アイルランドの紡績工場のほとんどが廃業してしまいました。そのため、昔ながらの本物のアイリッシュリネンはヴィンテージ品としてしか見つけられないとも言われています。

ご紹介するのは生成りのアイリッシュリネンに同系色の糸で手刺繍を施したテーブルマット2種とティーナプキン2種、職人の技術力の高さがうかがえるカットワークのテーブルマット1種。イングランドの老舗リネン屋の閉店に伴い、その倉庫で見つかった1960年代1970年代製造のNOSです。二度と見つからない発掘品、ぜひ店頭で風合いをお確かめください。

BY130039-4.jpg

アイリッシュリネンの刺繍付きテーブルマット(百合のポイントとバラのつぼみのコーナー刺繍)
アイリッシュリネンの刺繍付きテーブルマット(バラのライン刺繍)
アイリッシュリネンの刺繍付きティーナプキン(デイジーのポイント刺繍)
アイリッシュリネンの刺繍付きテーブルナプキン(バラのライン刺繍)
SOSN開店特別価格各3,000円

アイリッシュリネンのカットワーク付きテーブルマット
SOSN開店特別価格各3,800円

是非お手に取ってご覧ください。

*オンラインショップも展開中。UPLINK MARKETのSOSN商品についてのお問い合わせもこちらへどうぞ。

*新品ヴィンテージのアイリッシュリネン製品は、東京渋谷UPLINKマーケット(刺繍柄一種のみ)と、オンラインショップで引き続きお取り扱いしています。柄により在庫がないものもあります。

*全製品にフリーギフト付き(アイリッシュリネンのコースター、在庫がなくなるまで)。

〈新品ヴィンテージ〉アイリッシュリネンの刺繍入り生成りテーブルマット
各3,000円
〈新品ヴィンテージ〉アイリッシュリネンの刺繍入り生成りティーナプキン
各3,000円
〈新品ヴィンテージ〉アイリッシュリネンの刺繍入り生成りテーブルランナー
各5,200円
〈新品ヴィンテージ〉アイリッシュリネンのカットワーク付き生成りテーブルマット
各3,800円

[投稿2014年2月16日/最新更新2015年4月30日]

posted by SOSN店長1/2 at 11:00| ロンドン | Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

40年の眠りからさめた12連パールはウェディングクオリティの発掘品

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)から新入荷のお知らせ!

現在、SOSNでは「パール・パーフェクト」と題して「パール(グラスパールとプラスチックパール)」のコスチュームジュエリーを特集中。ここに先週末、NOS(New Old Stock 新しく見つかったヴィンテージ品)のネックレス3品が新しく加わりました!

ご紹介する「パールビーズの12連チョーカー」は、イングランドのジュエリー会社の閉め切られた倉庫で長々眠っていたNOS。製作は1960年代後半から70年代前半で、ぴっかぴかの新品ながら推定年齢40歳以上のヴィンテージジュエリーです。

プラスチックがジュエリーの素材として大事に扱われていた時代の製作で、パールの輝きとウェディングにも使える高品質が自慢。大小のパールビーズをふんだんに使った贅沢なデザインながら、グラスビーズの3分の1から4分の1の重さで長く付けていても疲れません。

ウェディングをはじめとするセレモニーはもちろんシンプルなニットやワンピースにあわせて普段使いにも。

71139044.jpg

パールビーズの12連チョーカー
SOLD SOSN開店特別価格1万2000円

是非お手にとってご覧ください。

*オンラインショップも展開中。UPLINK MARKETのSOSN商品についてのお問い合わせもこちらへどうぞ。[2014年1月30日]



*UPLINK MARKETでの販売は1点SOLDをもって終了しました。オンラインショップに在庫がありますのでお求めはこちらに(残り1点限り)

*オンラインショップでの販売は1点SOLDをもって終了しました。現在UPLINK店に1点在庫があります(この1点限りで販売終了になります)。お問合せはSOSNオンラインのお問合せフォームをご利用ください。お取り置きも承っています[追記:2015年4月29日]

SOLD OUT



posted by SOSN店長1/2 at 14:38| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

フランス生まれのレトロなミルクガラスで春を先取り

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)からレトロな花柄のテーブルウェア「Scaniaシリーズ」のご紹介。[SOSN news 0002]

今回はコーヒー、紅茶どちらにも使えるカップ&ソーサーにデザートプレートを加えたトリオ(3点セット)と、同じシリーズのエッグカップをご案内しています。

製作はフランスのメーカーARCOPAL(アルコパル)社で、パイレックスなどと同じ耐熱ガラス製。ガラスならではの透き通るような白地にオレンジとピンクの小花が咲いた「Scaniaシリーズ」は1960年代の製造です。ということは‥‥‥、まるで昨日生まれたみたいに瑞々しいのになんと50歳! 

「オーブンからテーブルへ」のキャッチフレーズ通りに熱さに強いのはもちろん、長く使っていても地色が変色しにくいのが特徴です。

現在は別の名前で展開している(らしい)アルコパル社の耐熱ガラス食器には以前から根強いファンがいましたが、特に最近のヴィンテージブームで若い層を中心に人気上昇中。数に限りがありますのでレトロ食器ファンはお早めに。

P1020325済.jpg

SOSN開店特別価格ティータイムトリオ(C&Sとデザート皿のセット)各3,500円
エッグカップ各800円

*オンラインショップも展開中。UPLINK MARKETのSOSN商品についてのお問い合わせもこちらへどうぞ。[2014年2月]

*ARCOPAL社のミルクガラス食器「Scaniaシリーズ」C&SとエッグカップのUPLINK MARKETでの販売は終了しました。オンラインショップで引き続きお取り扱いしています。

*ARCOPAL社のミルクガラス食器「Scaniaシリーズ」エッグカップの販売は終了しました。

*ARCOPAL社のミルクガラス食器「Scaniaシリーズ」C&Sの在庫3客限り。[2015年4月更新]


posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン ☀| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

アールデコ・リバイバル・ジュエリーのたたずまいにうっとり

<アップリンク・マーケット情報>
UPLINK MARKETへのアクセスはこちら
UPLINK MARKETのFACEBOOKはこちら

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New」(略してSOSN)では、現在「パール・パーフェクト」と題して「パール(グラスパールとプラスチックパール)のコスチュームジュエリーを特集中。今日はそのなかから「アールデコ・リバイバル」時代に製作されたジュエリーをご紹介。[SOSN news 0003]

「アールデコ(アールデコ・リバイバル)って何?」のおさらいの前に、まずはデザインの実例をご覧ください。

写真上段が「ツインフラワー・イヤリング」、下段右側が「羽ばたく蝶のブローチ」、左側が「月と植物のブローチ」です。花や蝶など華麗な題材を用いながら、生来の華やかさを抑え気味に表現しているのがおわかりいただけると思います。

では「アールデコ」の簡単なおさらいを。アールデコは1920年代から第二次世界大戦前夜までの期間に欧州と米国の都市部でブームを巻き起こした商業デザイン/工業デザインの総称で、対象は装飾品から建築まで多岐にわたります。アールデコの直前にはアールヌーボーというデザインの流れがあり、この二つは地続きと言えます。両者に共通する特徴の一つに自然に題材をとったデザインがあり、また退廃的な傾向も共通しています。

第二次世界大戦の勃発によって一度は廃れたアールデコですが、戦争が終わって世の中に活気が戻ってくると再び脚光を浴びるようになりました。1950年代後半から60年代がアールデコ・リバイバルの時代。ご紹介する3点はそのころに製作されたジュエリーで、植物や蝶を様式化し、どこかしら儚げに表現しています。

アールデコは最近になってまた注目の的に。たとえば、アールデコ時代を背景にした『グレート・ギャツビー』の再映画化などにアールデコ復活の兆しがうかがえます。

1609982_815376561811715_917701901_n.jpg.400px.jpg

上:ラインストーンとパールビーズの「ツインフラワー・イヤリング(クリップオン・タイプ)」4,000円 SOLD
下右:ラインストーンと淡水パールビーズの「羽ばたく蝶のブローチ」3,000円
下左:パールビーズの「月と植物のブローチ」2,800円 SOLD

この他にも、金属細工風のフレームに入った「大粒カボションパールのブローチ」2,000円 SOLD
シードパールを贅沢に使った「カラーリリーのブローチ」2,300円(重みのある丁寧な作りですがダメージがあるので特にお安くなっています)、
アールデコ時代に流行した「フラッパー(非常に長いタイプ)のパールビーズ一連ネックレス」4,800円など、
いずれも1940年代後半から60年代にかけて製作された一点物。お買い求めの際には化粧箱に入れてお渡ししますので、購入後の保管だけでなくに贈り物にもお使いいただけます。

*オンラインショップも展開中。UPLINK MARKETのSOSN商品についてのお問い合わせもこちらへどうぞ。

*「ツインフラワー・イヤリング(クリップオン・タイプ)」と「月と植物のブローチ」の販売は各1点SOLDをもって終了しました。

*ラインストーンと淡水パールビーズの「羽ばたく蝶のブローチ」はUPLINK MARKETでお問い扱い中です。お問合せはSOSNオンラインショップのお問合せフォームをご利用ください。お取り置きやオンラインショッピングも承ります(送料別。お届けまでに少々お時間をいただきます)。

[ブログ投稿2014年2月11日][最新更新2015年4月27日]




posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン ☀| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

超手抜き!ルバーブのクランブル

ルバーブがスーパーに出ていたので本年初のルバーブのクランブルを作った。

1) 最近はかけるだけのクランブル用ミックス粉が売られているのでちょ〜簡単。前はバターを指でつぶしながら小麦粉と混ぜ合わせるのが面倒だった。

IMGP4106.JPG.400px.jpg

2) ルバーブを適当な長さに切って耐熱ボウルに入れ、砂糖を適量まぜてラップをし、適当な時間チンする。ルバーブの長さは2センチぐらい? 砂糖の量は大さじ4杯ぐらい? 加熱時間は3分+1分ぐらい? なもの。

IMGP4108.JPG.400px.jpg

3) 3分ぐらい電子レンジで加熱後ラップを開けてみてまだ固ければ追加で1分。適度に柔らかくなったら味見して、甘さが足りなかったら砂糖を足してかき混ぜる。ルバーブは砂糖入れないとひたすら酸っぱい。

IMGP4111.JPG.400px.jpg

4) できあがったルバーブの砂糖煮をオーブン用ディッシュに移す。加熱したらかさが減り、えらく少ない。ほんとはここで鍋に移して火にかけて水気を飛ばしたほうがいい。今日は手抜き。

IMGP4113.JPG.400px.jpg

5) ルバーブの砂糖煮の上からできあいのクランブル粉をまんべんなくかける。一袋で2回分あるので明日はリンゴで作ろうかな。

IMGP4114.JPG.400px.jpg

6) 180度ぐらいのオーブンに入れ、適当な時間焼く。だいたいいつも20分ぐらいだけど今日は具が少ないのでもっと短い。適当に焦げ目がついたらできあがり。

IMGP4115.JPG.400px.jpg

7) ルバーブのクランブル:出来上がり図。

IMGP4118.JPG.400px.jpg

8) カスタードかバニラアイスクリームを添えるとおいしい。

IMGP4121.JPG.400px.jpg

陶製の小皿はBROADHURST&SONSのNANKINシリーズ。耐ディッシュウォッシャー&電子レンジと明記してあるのでそんなに古くない。80年代のものかも。東洋風に様式化された植物と鳥の絵が全面に描かれています。

<本稿はTwitterの投稿をまとめたものです>
タグ:クッキング
posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | 英国ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする