2015年06月15日

期間限定お店屋さんブログにジュエリーと食器をアップしました。

SOSNロンドン店長が期日限定でお店屋さんやります。
6月19日新宿、
6月26〜28日京都、
7月1週めの平日に渋谷、
週末に新宿を予定しています。
開催場所と詳しい日程は特設ブログでご確認ください。

お店屋さん開店に先立ち、先行予約を受け付けています。ブログのコメント欄に記入いただけば、こちらからお返事差し上げます。購入予約、在庫確認などにご利用ください。

現在、以下のような商品をご案内しています。その他にも多種多数あり全部はご紹介しきれませんが、時々のぞいてみてください。

パールのブローチ
パール青石BR UPイメージ.jpg

ラミーハット
ramie hat .jpg

プレスドグラスの食器
プレスドグラス3点集合.jpg

動物フィギュリン付き花瓶
HORNSEA 集合.jpg

アールデコ時代のターバンハット
ターバンハット集合外4.jpg

posted by SOSN店長1/2 at 12:10| ロンドン ☀| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

SOSNロンドン店長が新宿と京都で直接販売

SOMETHING OLD SOMETHING NEW もの探し担当、店長1/2が
新しく見つけたジュエリーや帽子、雑貨を持って来日、
東京新宿と京都に臨時ショップを開店します。

お取り扱い商品は
 コスチュームジュエリー(1930年代〜)
 帽子などのファッション小物(1940年代〜)
 プレスドグラスの食器(1930年代〜)
 動物フィギュリン付き花器(1940年代〜)など

場所と日程は以下の通り(詳細は追ってお知らせします)。

いつ:2015年6月19日金曜日 午後6時〜(終電まで?)
どこで:東京新宿ゴールデン街 バー「グリゼット」
アクセス&コンタクト:
http://grisettegoldengai.blogspot.co.uk/

いつ:2015年6月26日金曜日〜28日日曜日 昼12時〜夜9時まで
どこで:京都出町柳 多目的カフェ「かぜのね」
アクセス&コンタクト:
http://www.kazenone.org/modules/contents/index.php?content_id=3

いつ:2015年7月最初の週末(曜日未定)
どこで:東京新宿ゴールデン街 バー「グリゼット」
アクセス&コンタクト:
http://grisettegoldengai.blogspot.co.uk/


直販で取り扱う商品をSOSNツィッターで紹介しています。
フォローしてください。

ramie hat .jpg

1950〜1960年代英国・米国製ラミーハット


posted by SOSN店長1/2 at 19:55| ロンドン ☁| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

[今週の星]硝子真珠とキャッツアイが響き合う'60年代生まれのジュエリーセット

<新品ヴィンテージ>午後の集いから夜会まで、
グラスパールとキャッツアイの2点セット


正式な集まりにもふさわしいエレガンスとクオリティ。
シャンパン系グラスパールとグラスキャッツアイの
ネックレス&ブレスレット
(1960〜'70年代)

12,000円(内税)
新品ヴィンテージ/送料無料

模造真珠と猫目石セットイメージ.jpg

上品なシャンパン系グラスパールに小粋なグラスキャッツアイで指し色したネックレス&ブレスレットのセットは、夜のパーティーにもふさわしいエレガンスと高品質が自慢。イングランドのジュエリー会社の閉め切られた倉庫で長々眠っていたNOS(新品のヴィンテージ品)で、製作は1960年代後半から70年代前半と推定されます。つまり、まっさらの新品なのに40年以上を経たヴィンテージジュエリーなんです。

一連で使うと、もっとも正式なネックレスのレングスとされる「オペラ」(夜の集まりに適した約71cm以上の長さのネックレスをこう呼びます)の長さですから、正式な晩餐やセレモニーにもお使いいただけます。二連にしても使用できるので、二本の長さの調節次第で使い道はさらに広く。クラスプはクラシックな金色のバレル式。グラスキャッツアイの前後にハンドノット(手結び)を配したデザインで、万が一使用中に切れてもビーズの散逸を防ぐことができます。

模造真珠と猫目石NL着用.jpg

ブレスレットは大粒のグラスパールとキャッツアイを組み合わせた2本のブレスレットをゴールドトーンのメタルでつないだ華やかなデザイン。ボックスクラスプ(差し込み式)にあしらわれたカボションパールがアクセントになっています。

模造真珠と猫目石 BL着用.jpg

ネックレスだけ、ブレスレットだけ、二つ同時にと、シチュエーションやその日の服装に合わせてお楽しみください。大切なかたへの贈り物にも。


年代:1960年代後半〜'70年代前半 
素材〈色〉:グラスパール〈シャンパン系〉、グラスキャッツアイ 
デザイン:ネックレスは1連ならオペラ、2連でも使用可 ブレスレットはメタルパーツでブリッジした2連
サイズ:[長さ]ネックレス約85cm ブレスレット約21cm [グラスパール・グラスキャッツアイ直径]ネックレス約6mm ブレスレット約7mm 
クラスプ(留め金):ネックレスはバレルクラスプ プレスレットはボックスクラスプ(差し込み式) 
Back Stamp:共になし 英国で入手 
コンディション:共に★★★★★(VGC:Very Good Condition, NOS : New Old Stock=新品/未使用) 
梱包:化粧箱入り


【ハンドノット(手結び)】

模造真珠と猫目石  NL-up.jpg

ネックレスのビーズとビーズのあいだに手結びでノット(結び目)を作るネックレス作りの技法の一つ。ビーズの穴の大きさやストリング(糸)の太さにもよりますが、通常は一つの結び目につき8回程度重ねて結びます。ハンドノット自体は素人でもできますが早く均一に結ぶには熟練が必要。

ハンドノットがあるとビーズが一つずつ独立して見えるのでデザインとして美しいだけでなく、実用面での恩恵が大きいのです。ハンドノットがあることでビーズとビーズが直接こすれ合うことを防ぎ、特にコーティングを施してあるビーズの場合にはコーティングが剥げるのを防ぎます(たとえばパール加工やオーロラ加工など)。

でもそれ以上に重要な働きは、ネックレスが切れたときにハンドノットによってビーズの散逸が防げること。ネックレスはワイヤーやナイロン糸でない限り、使用していれば「いつかは切れる」もの。切れたときにハンドノットがあるとノットのある箇所から先のビーズがストリングから流れ落ちるのを防ぐことができます。

模造真珠と猫目石 NL-middle.jpg

模造真珠と猫目石 BL-clasp-up.jpg



posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン ☔| Comment(0) | 今週の星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

[今週の星]新緑が会いに来ました、'50年代の翡翠色ネックレス

翡翠(ひすい)と瑪瑙(めのう)のアートビーズ4連ネックレス

緑の翡翠(ひすい)と焦茶色のブラウン瑪瑙(めのう)を
合成樹脂で再現しました。
後ろ姿まで自慢したい隙のないデザイン
(1950年代)

SOLD 7900円

88530530.jpg

透明感のある緑の翡翠(ひすい)と、エスプレッソコーヒーのような焦茶色のブラウン瑪瑙(めのう)を合成樹脂で再現しました。瑪瑙ビーズには緑の斑が入り、ほんものの天然石のよう。ジュエリー製造技術の高さがうかがわれるアートビーズの4連ネックレスです。

研磨した天然石のような不揃いの大型ビーズ、均整のとれたラウンドビーズや円盤型ビーズ、バンブーのような節のあるビーズなど、色だけでなく形も変化に富み、眺めているだけで幸せな気分になれそう。

ビーズとビーズの間にはゴールドトーンのシードビーズを挟み、ところどころにフィリグリー風のキャップがかぶせられています。アールデコ風の装飾が施された円形のボックスクラスプには、カボション型の翡翠ビーズが埋め込まれ、後ろ姿まで自慢したい隙のないデザインです。

88530530_o3.jpg

主張の強いステートメントジュエリーは意外に使いやすいのが特徴、シンプルなシャツやワンピースを見違える一着に変えてくれます。ジュエリー・コレクターはもちろん、本物のエレガンスを愛するすべての人に。


*もっと詳しい説明はSOSNオンラインショップ「翡翠(ひすい)と瑪瑙(めのう)のアートビーズ4連ネックレス」をご覧ください。



posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン ☀| Comment(0) | 今週の星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

英国の海洋堂、ウェイド窯の動物フィギュリン、ウィムジーとウォッパ

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New(SOSN)」から、いま店頭でお買い求めいただける、英国ウェイド窯の動物フィギュリンをご案内します。[SOSN news 0021]

子どもの手のひらにもおさまる磁器製の「WHIMSIE ウィムジー」と、少し大きめの姉妹シリーズ「WHOPPA ウォッパ」。本格的な焼き物ながら、当初は子ども向けに製造販売されていたなど、日本の海洋堂のミニチュアモデルとよく似た背景をもっています。

CATS SHOT.jpg

ウィムジーとウォッパは、ぽってりとした持ち重りのする磁器で、海洋堂のミニチュアのように「ほんものそっくりの精巧な作り」とはお世辞にも言えないのですが、焼き物ならではあたたかみがあります。

職人により手彩色されているので、色数、色使い、刷毛の動きなどがみな異なり、また焼き加減にもよるのでしょう、1点1点が二つとない仕上がりになっています。

beavers front.jpg

また、動物たちの表情や姿形に、わざとらしい愛らしさがない点も特色。子どもに人気のビーバーやサルさえ時には不気味な表情をしていますし、こんもりと丸まった茶色グマの背中には哀愁さえ漂っています。

ウィムジーとウォッパシリーズを製造したWADE(ウェイド)窯は、北アイルランドとストーク・オン・トレント(イングランドの有田とも言える陶磁器産地)に工場をもつ陶磁器メーカー、1870年頃に創業しました。創業当時に製作されていた芸術性の高い創作陶磁器のほかに、食品メーカーのプロモーション用陶磁器の製造でも有名です。ウィムジーもカナダではレッドローズ紅茶のおまけとして普及しました。

ウィムジーは1950年代前半に最初のシリーズが世に出て以来続くミニチュア磁器シリーズ。当初は子どものための「ポケットフレンド」という位置づけでしたが、今では子どもからお年寄りまで、男女問わず世界中にコレクターがいます。1950年代から70年代にかけて製作された動物シリーズは特に人気が高く、ミントコンディションの箱入り稀少品は、かなりの高値で取引されています。一つ一つに「WADE ENGLAND」の型印入り。

いま店頭に並んでいるウィムジーとウォッパはすべて1970年代(1971〜1979年)製造のシリーズ、ほとんどが1点ずつしかありません(二つあってもそれぞれ違うんですけどね)。コンディションにより、お安くなっているものもあります(1点1300円〜)。ご質問やお取り置きは、SOSNオンラインショップのお問合せフォームをご利用ください。

bear side.jpg

hippo face.jpg

*写真にないウィムジー&ウォッパ、その他の商品についてもツィッターでご案内しています。フォローしてください。

*SOSNのオンラインショップはこちら

posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン ☔| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする