2016年08月21日

ボーンチャイナのフラワー・ジュエリー

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New(SOSN)」から、いま店頭でお買い求めいただける商品をご案内します。[SOSN news 0022]

SOSNショップにボーンチャイナ製のジュエリーが初登場。ボーンチャイナは、動物の骨粉を混ぜたハードペーストを用いた磁器の一種 で、ティーカップなどの食器類で有名ですが、薄くて美しいその特性をいかして作られたのがボーンチャイナのジュエリーです。

UPLINK BC集合2 のコピー.jpg

*ボーンチャイナ製バラのイヤリング SOLD
*別デザインのイヤリング在庫についてはお問合せください。


ボーンチャイナのジュエリーは、第二次世界大戦中に、焼き物の産地として有名なストーク・オン・トレントで初めて作られたと言われています。ボーンチャイナならではの発色の良さをいかした明るい色合いが、可憐な花の形とあいまって、戦中の憂鬱な空気を和ませてくれたことでしょう。

終戦を迎えた1945年から1960年代が、ボーンチャイナ・ジュエリーの最盛期で、英国のミッドセンチュリーを代表するファッションアイテムの一つとも言えます。有名陶磁器メーカーもこぞって製造し、贈り物や土産物としても喜ばれていたようです。3種の花(バラ、パンジー、アネモネが定番)に3輪のわすれな草をあしらったポージー(花束)のデザインが有名。大振りの花の一輪ものやエキゾチックな花などデザインは多種多彩、ブローチとイヤリングのセットも盛んに作られました。

UPLINK BC集合1 のコピー.jpg

UPLINK BCポージーBR 着用 のコピー.jpg

*ボーンチャイナ製花束のブローチ SOLD
*別デザインの花束ブローチをUPLINKでご案内中です。



薄い焼き物の宿命で、どうしても欠けやすいのが難点。衝撃によってできたチップ(欠け)以外にも、製造行程でできたフリーバイト(ノミの咬みあとのような極小の欠け)のあるものも少なくありません。そのため完全な形で残っているものには特に希少価値があります。手作り、手彩色ですから、同じものは二つとないと言ってよく、世界中にコレクターがいます。


*SOSN Twitterはこちら
*SOSNオンラインショップはこちら

ボーンチャイナ黄色いバラBR のコピー.jpg

UPLINK BC黄色バラBR着用 のコピー.jpg

*ボーンチャイナ製黄バラのブローチはUPLINKでご案内中です。


posted by SOSN店長1/2 at 14:27| ロンドン ☁| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

プレシャス・プラスティック2016夏

アップリンク・マーケットのちいさなヴィンテージショップ「Something Old Something New(SOSN)」から、いま店頭でお買い求めいただける商品をご案内します。[SOSN news 0023]

お待ちどうさまっ!
夏のジュエリー特集第2弾<プレシャス・プラスティック>が始まりました。
前回同様、ミッドセンチュリー時代のシングルネックレスを中心にご案内します。

プラスティックジュエリーの特徴は、ブリリアントな色とツヤ!
他のマテリアルにはちょっとまねのできない
プラスティックならではの発色の良さが自慢です。

プレシャス・プラスティック16集合2.jpg

1点ずつ見ると「これは派手過ぎ」と思われるかもしれませんが、
着用すると意外にしっとりエレガント。
着け心地が軽やかで、お手入れも簡単ですから、
汗ばむ季節には特におすすめです。

オレンジ-ball_P1050609.jpg青-oval2_P1050625.jpgblack-flapper2_P1050602.jpg

プラスティック・ネックレス各種 2800円〜
プラスティック・ボタンピアス(新品発掘品)800円〜

プレシャス・プラスティック16集合赤黒白.jpgBY140649_01_06ボタンピアス集合2.jpg

各デザイン・各色それぞれ1点限り、
お早めにご来店ください。
posted by SOSN店長1/2 at 15:03| ロンドン ☁| Comment(0) | UPLINK SOSNニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

[今週の星]木蓮(マグノリア)のエナメルブローチ

木蓮(マグノリア)のエナメルブローチ

大きく開いたマグノリアの花を写実的に描き出した
エナメル加工[七宝焼]のブローチ。
明るい紫とも暗めのピンクとも表現できそうな繊細な色合いの花弁が、
やさしい風に揺れるよう
(1980年代)

4,800円(内税)
SOLD

エナメルBRマグノリア印象.jpg

大きく開いたマグノリアの花を写実的に描き出したブローチです。大輪の花と小さな葉を付けた枝の形に金属板を切り出して曲げ、丁寧に色付けしてエナメル加工[七宝焼]を施したもの。

明るい紫とも暗めのピンクとも表現できそうな繊細な色合いの花弁が、やさしい風に揺れるよう。色釉薬が下地の白釉薬の上に重ねられているため、華やかな色合いがいっそう引き立っています。

使用中に花の部分が垂れ下がらないように補助するセーフティチェーン付き、不要の場合には取り外しもできます(正面からの写真はチェーンを外して撮影、背面からの写真はチェーンを付けて撮影しました)。

エナメルBRマグノリア背面.jpg

エナメルBRマグノリア正面.jpg

【エナメル技法】
金属表面にガラス質の釉薬(うわぐすり)をのせ、焼き付ける美術工芸法のこと。日本では七宝焼と呼ばれています。英国ではエナメルメーカー〈FISH and CROWN〉のコスチュームジュエリーがデザインの美しさと品質の高さで特に有名です。

年代:1980年代
製造国:不明、英国で入手
素材〈色〉:エナメル〈ライラック、グリーン、ホワイト〉、メタル〈ゴールドトーン〉
デザイン:マグノリアの咲く枝、カットワーク、セーフティチェーン付き
サイズ:[ヨコ]約5.5cm x [タテ]約3.5cm
クラスプ(留め金):ロールオーバークラスプ、セーフティチェーン&ピン付き 
Back Stamp:なし、英国で入手 
コンディション:☆☆☆☆☆(VGC=Very Good Condition)
梱包:化粧箱(オーガンジー・サシェ付き) 
posted by SOSN店長1/2 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | 今週の星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

期間限定お店屋さんブログにジュエリーと食器をアップしました。

SOSNロンドン店長が期日限定でお店屋さんやります。
6月19日新宿、
6月26〜28日京都、
7月1週めの平日に渋谷、
週末に新宿を予定しています。
開催場所と詳しい日程は特設ブログでご確認ください。

お店屋さん開店に先立ち、先行予約を受け付けています。ブログのコメント欄に記入いただけば、こちらからお返事差し上げます。購入予約、在庫確認などにご利用ください。

現在、以下のような商品をご案内しています。その他にも多種多数あり全部はご紹介しきれませんが、時々のぞいてみてください。

パールのブローチ
パール青石BR UPイメージ.jpg

ラミーハット
ramie hat .jpg

プレスドグラスの食器
プレスドグラス3点集合.jpg

動物フィギュリン付き花瓶
HORNSEA 集合.jpg

アールデコ時代のターバンハット
ターバンハット集合外4.jpg

posted by SOSN店長1/2 at 12:10| ロンドン ☀| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

SOSNロンドン店長が新宿と京都で直接販売

SOMETHING OLD SOMETHING NEW もの探し担当、店長1/2が
新しく見つけたジュエリーや帽子、雑貨を持って来日、
東京新宿と京都に臨時ショップを開店します。

お取り扱い商品は
 コスチュームジュエリー(1930年代〜)
 帽子などのファッション小物(1940年代〜)
 プレスドグラスの食器(1930年代〜)
 動物フィギュリン付き花器(1940年代〜)など

場所と日程は以下の通り(詳細は追ってお知らせします)。

いつ:2015年6月19日金曜日 午後6時〜(終電まで?)
どこで:東京新宿ゴールデン街 バー「グリゼット」
アクセス&コンタクト:
http://grisettegoldengai.blogspot.co.uk/

いつ:2015年6月26日金曜日〜28日日曜日 昼12時〜夜9時まで
どこで:京都出町柳 多目的カフェ「かぜのね」
アクセス&コンタクト:
http://www.kazenone.org/modules/contents/index.php?content_id=3

いつ:2015年7月最初の週末(曜日未定)
どこで:東京新宿ゴールデン街 バー「グリゼット」
アクセス&コンタクト:
http://grisettegoldengai.blogspot.co.uk/


直販で取り扱う商品をSOSNツィッターで紹介しています。
フォローしてください。

ramie hat .jpg

1950〜1960年代英国・米国製ラミーハット


posted by SOSN店長1/2 at 19:55| ロンドン ☁| Comment(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする